6月24日のガーデン

朝から快晴の蓼科高原。クラシックローズウィークスに入り、ますますバラの花の勢いも

増してきたように感じる、今日この頃です。

さて、本日の注目のバラは、【ランブリング・レクター】です。

P1040176.JPG

P1040180.JPG

レースガーデンと名付けた白い花だけを集めたエリアの中心にこの

【ランブリング・レクター】のドームがあります。直径わずか3センチほどの

小さなバラ。シェイクスピアの作品にも登場するほど古くからある品種です。

P1040179.JPG

一つ一つの花弁は小さいですが、房となり、幾重にも重なることで、大きな景色を生み出します。

ドームの中に立つと、野バラのようなさわやかな香りがします。

 

また、そのほかのバラも元気いっぱいです。

P1040157.JPG

P1040156.JPG

ふんわりと咲くピンクのバラ、【アルバーティン】

P1040165.JPG

P1040166.JPG

つるバラの【ブラッシュ・ランブラー】上へと這い上がるランブラーローズの代表品種のひとつ。

P1040162.JPG

【ロズレー・ドゥ・ライ】生垣にも最適です。

P1040174.JPG

淡いピンク色に染まる、バラのトンネルに咲くオールドローズ。

P1040169.JPG

濃い紫色の花びらは、高貴なイメージ。

 


P1040184.JPG

香りも素晴らしい【サー・ポール・スミス】

P1040190.JPG

レストラン ジャルディーノの壁に、小ぶりのバラ【バイオレット】が咲いています。

P1040192.JPG

純白で気品のあるバラ【マダム・ハーディー】

P1040207.JPG

中央の黄色い雄しべもかわいらしい【セレスティアル】

P1040167.JPG
P1040188.JPG
P1040204.JPG
P1040195.JPG

クラシックローズウィークスの開幕週ですが、ガーデンは、今、まさしくオールドローズの競演といえるのではないでしょうか。

本日いらしたお客様に、「バラの香りに癒された」「ベンチに座っているだけで気持ちよかった」といったご感想をいただきました。

バラがお好きな人も、あまり興味ないよーという方も、ぜひいらしてください。

せわしい日常から、バラの咲き誇る非日常へ。

バラクラで、ゆっくりとバラの香りに浸り、リラックスしてみてはいかがでしょうか。

バラクラフロント H

 

こちらの記事もオススメ