11月19日のガーデン

時折、暖かい日差しの見えた本日のバラクラ。

ガーデンでは、ケイ山田ガーデニングスクール蓼科本校が開されました。本日の体験講座は、ガーデナーズワークの中から、秋植え球根を植える作業。

ガーデニングスクールについて詳しくはこちら

直径10センチ程の大きな球根や、見た目は少しニンニクのように見えるものなど、植物の種類や球根の形状、背の高さなどによって、植え方が違うんです。

P1070161.JPG

まずは校長の説明を聞き・・・。

P1070177.JPG

球根植えには、こういった道具を使用します。

P1070142.JPG

こちらはフリチラリアの球根。

P1070172.JPG
P1070174.JPG

バラバラと無造作に撒かれる球根たち。実はこれも、自然な景観にするための重要な手段。

いざ球根を!ということで、私も作業に加わってみましたが、なかなか楽しい。  

・・・と感じたのもつかの間。球根の大きさまで大きく穴をあける作業、これが意外にしんどい。すぐに手首が痛くなってしまいました。

例年、約10万球ほどの球根を植えるというガーデナー。寒い中で作業をすることも考えると、作業の苦労を身をもって体感しました。

さて、一帯の球根を植え終わると、不思議なもので、その一帯(球根)に対して、ふつふつと湧きあがる、ワクワク感。そして、何ともいえない愛着。

自分の手で植えたチューリップやフリチラリアの球根。無事に花が咲いてつけてくれるか、春になるのが、本当に待ち遠しい、そんな気持ちになりました。

P1070204.JPG

その後、生徒さん達は主宰のケイ山田による、デモンストレーションを終え、クリスマスの寄植え作りへ。

P1070212.JPG

ある生徒さんの作品がこちら。クリスマスカラーの植物を中心に、木馬のアクセントがかわいらしい。

身体も使って、クリスマス気分も高まる一日となりました。

さて、クリスマスの寄植えというと、今週土曜の21日に一般の方も参加可能な、「ケイ山田と作る、クリスマス寄植えワークショップ」が開催されます。

この機会にご参加いただき、ぜひクリスマスらしい、素敵な寄植えを作ってみてください。

ワークショップについての詳しくはこちらをご覧ください。

少しずつ肌寒くなってきた、バラクライングリッシュガーデン。

ぜひ暖かい服装でお越しください。皆様のご来園を心よりお待ちしております。

バラクラフロント H

 

こちらの記事もオススメ