3月11日のガーデン

今日も良いお天気に恵まれました。遠くに蓼科山が綺麗に見えます。

 

 

この時期のガーデンでは、日々小さな春たちが目を覚まします。

一昨日は咲いていなかったセツブンソウは、ガーデンの一番左奥でひっそりと。

今はまだ1、2輪ですが、ここはこれからセツブンソウとミニアイリスが次々と咲いてくるので楽しみなエリアです。

(3月13日訂正:×雪割草 ⇒ 〇セツブンソウ 失礼いたしました。)

 

咲き始めのクロッカスも花びらが開いてきて黄色いしべがのぞくと、より色鮮やかに見えます。

 

 

スノードロップは遠目に見てもわかるくらいたくさん花をつけ始めました。

 

ちょっと珍しい八重のスノードロップも混ざって咲いています。こうしてみるとだいぶ一重のものと見た目が違うのがわかります。内側にグリーンのストライプが入っているんですね。うつむいて咲くのがもったいない気がするくらい、繊細な姿です。

 

 

こちらはスノードロップによく似た、スノーフレーク。斑点が花びらの先にあって、スノードロップよりも花が丸みを帯びています。もっと草丈の長い品種もありますが、先に咲くのは草丈10cmくらいの小さなものです。

 

ガーデンレストランの前で咲いているのはマンサクです。

 

 

このプリムラは先日まで雪の下になっていたのですが、雪が融けてきたらたくさんの蕾をつけました。植物の生命力は侮れないものがあります。

 

 

クリスマスローズも実はまだまだご覧いただけます。純白から赤みを帯びた色に変わってきました。

 

 

来週の17日(金)にはいよいよガーデン開きです。

バラクラまでの道路に雪はありませんが、散策の際に風が冷たい日がございますので、どうぞ暖かい服装でお越しください。

こちらの記事もオススメ