芽吹の頃

現在のガーデンの様子。ローズトンネル(ポールズ・ヒマラヤン・ムスク)から、レースガーデン(ランブリングレクター)の景色。

一見何も咲いていないように見えますが、視線を下げてみると….

小さな緑色の芽で埋め尽くされています。いよいよ本格的な春到来の予感(^-^)
スノードロップがいたるところで咲いています。

クリスマスローズも咲き始めています。

さらに、この時期の庭は設計の骨格やバラの誘引の様子がよく分かるので、園芸愛好家の方は必見の価値があります。ポイントは「枝を常に同じ方向に這わせながら、螺旋状に登らせる」ことだそうです。

 

↓こちらは、お客様を迎えるエントランスのアーチ上を覆うバラ(キフツゲート)。

バラクラのヘッド・ガーデナーのアンディが剪定していました。

3月16日(金)・17日(土)はケイ山田ガーデニングスクール体験授業「春の蓼科 オープンスクール」を開講します。

16日(金)は、このアンディによる「寄植えレクチャー」、17日(土)は、ケイ山田が授業を行うスペシャルな機会です。

入園料・ランチ・受講料・材料費込みで6,500円。制作したものは、お持ち帰り、または発送も承っております。

 

各日定員20名を予定しております。(先着予約順)

16日:受付中 /17日:定員まで残りわずか、お早めに。

▷お申し込みは、ガーデンセンター 0266-71-5555まで

 

また、カフェ・ベーカリー・ブティックもいよいよ本格OPENしております。

春の芽吹きを感じられるバラクライングリッシュガーデンで、皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。
マーケティング 制作

こちらの記事もオススメ