バラのシーズンへ Count Down! 6月13日(水)のガーデンの様子

 

唐突ではありますが…

諏訪大社 上社 神殿です

 

梅雨の晴れ間 の 6月13日(水)

仕事の用事で近くまで来たのでお参りをしてきました

 

間もなくバラクラ最大のイベント「バラクラフラワーショー」の無事を願って二礼・二拍手・一礼

心が洗われるような神聖な場所でパワーをもらってきました

きっといいことがありそうな…

 

諏訪大社から戻った  夕方の蓼科バラクラの様子をご紹介します

 

 

庭園の入り口にあるエリア「ハーブガーデン」は

アリウムやジャーマンアイリスとともにハーブの葉の色の組み合わせが とてもカラフルです

 

テラスの石垣の白いバラ 「ランブリングレクター」 も “パカッ・パカッ”と音を立てるかのようにあっという間に花開いてきました

これが咲き始まると いよいよバラのシーズンが始まったな

という合図です

 

バラクラで突然変異のバラ「ミセス・ヤマダ」を生み出した「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」も咲き始めて

甘い香りを放っています

 

現在 造園中のNewローズガーデンのバラ達も小さい株ながら沢山の花をつけています

 

 

ローズトンネルのバラ「ボールズ・ヒマラヤン・ムスク」や 「レースガーデン」を覆う「ランブリングレクター」はたくさんの蕾を付けて今か今か…と待ち遠しいところ

数輪 咲き始まりました

 

 

ガゼボの「ボールズ・ヒマラヤン・ムスク」も日なたのところから

 

花びらが透き通るように薄い一重の原種系の可憐なバラもお見逃しなく

 

 

庭園のバラだけでなく、ガーデンやテラスのコンテナや ハンギングバスケットにも ぜひ注目してください

とてもカラフルです

 

お庭の奥にある「2002チェルシーフラワーショーの庭」はニッコウキスゲが見ごろです

そこに立つピンクの花を咲かせる珍しいヤマボウシも綺麗です

 

これは何の花かおわかりですか?

ブルーベリーも実をつけ始めました

パティシェたちが “まだかまだか” と狙っています

 

 

ゴールデンアカシアの葉も神々しく光 輝いていました

 

 

一週間後に迫った「バラクラフラワーショー」準備も着々と進み、

庭園のオールドローズ達も “いつ咲いたらいいかな?”

と迷いながらも待てずにポツンポツンと日々咲き始めています

これからますますバラの見ごろとなってまいります

桜と同じでバラは待ってくれません

思い立ったが吉日

お出かけをお待ちしております!

 

 

やった~!

本日は吉日

バラクラ・マーケティング部

 

 

こちらの記事もオススメ