ケイ山田について
ケイ山田

英国園芸研究家
ガーデンデザイナー
ファッションデザイナー
東京家政学院大学 客員教授
蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン オーナー

ファッションブランド「バラ色の暮し」を1972年に設立。レースや手芸的なモチーフの服創りを始める。英国に服作りの素材を求める中、ウィリアム・モリスの庭園からのクリエイションの哲学に触れ、日本でも初となる英国庭園を創ることを家族で決意。英国の本物の庭園文化を紹介するために、英国園芸界を代表する多くの指導者達の協力を仰ぎ、後に英国ランドスケープデザイナーズ協会会長となるジョン・ブルックス氏をはじめ、植物の専門家やバラの研究者など、多くの領域から参画を得る。 1990年、「蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン」を開園し、服創りと庭創りを融合させた創作活動を推進。
2002年に世界で最も歴史と権威のある「チェルシーフラワーショー」最難関のショーガーデン部門に日本人で初めて単独出場し、蓼科のニッコウキスゲの群落をテーマに日本の自然景観をヒーリングガーデンとして紹介。準金賞を獲得し、国内外のメディアで大きく取り上げられる。翌2003年と2009年にも単独出場し合わせて3回受賞という国内では前人未到の記録を達成。2009年の出場時には、英国女王陛下より直々にお褒めの言葉を戴く。
全国6つの公共庭園をデザイン・監修し、英国庭園の普及にも力を入れる。「みつけイングリッシュガーデン」(新潟県見附市)では市の依頼を受け、庭の手入れなどを行う200名を超えるボランティアグループへのアドバイスを継続して実施。6年にわたり見附の子供達に草花と触れ合う楽しさを教える「植育」を行う。
オールドローズやゴールデンアカシア、庭園用のダリアやガーデンシクラメンなど数多くの園芸植物を日本に普及・紹介。2010年から毎年秋に行われるフラワートライアルジャパンにて、花卉生産者の育成や園芸業界のさらなる発展を目指し、園芸植物の推奨品種を選定している。
「ケイ山田のイングリッシュガーデン〜庭はもう一つの部屋」(2002年初版 NHK出版)、「英国庭園を広めたパイオニア ケイ山田の美しい庭づくり」(2010年 別冊家庭画報)、近著「ケイ山田のバラクラ イングリッシュ ガーデン四季の花図鑑」(2012年3月 主婦の友社)、「ケイ山田のオールドローズあふれる庭づくり」(2014年3月 集英社)など著書多数。TV番組「ケイ山田の英国庭園便り」(2007年12月〜全43回、BS11デジタル)にも出演し、蓼科の庭から英国庭園の魅力を伝え認知を広める。 主宰するケイ山田ガーデニングスクール(全7校)では、英国式の寄植えや庭づくりの指導にあたる他 全国のガーデニングイベント等で講演活動や寄植え講習も行う。
2014年12月15日、ホテルオークラで開催された日英協会年次晩餐会の席にて三笠宮彬子女王殿下より、日英協会賞を授与。

メディア出演情報

SBCラジオ 坂ちゃんのずくだせえぶりでぃ
ガーデニング&季節の花の楽しみ方、蓼科バラクラのイベント、ライフスタイルなどをお届け。
放送日: 毎月第3木曜日 12:20頃〜

市民新聞
ケイ山田が今月のオススメの花をご紹介いたします。
掲載日: 毎月第1土曜日

受賞歴

チェルシーフラワーショー ショーガーデン部門

  • 2002年「神様がくださった庭 / Reflection of a Tateshina Meadow」準金賞(シルバーギルトメダル)
  • 2003年「The Lace & Tapestry」銀賞(シルバーメダル)
  • 2009年「Echoes of Japan in an English Garden 〜日英修好150周年の庭」銅賞(ブロンズメダル)

著書

  • 「ケイ山田のイングリッシュガーデン〜庭はもう一つの部屋」(2002年第1刷、現在9刷/発行:NHK出版)
  • 「庭に生きる」(2007年/発行:アシェット婦人画報)
  • 「ケイ山田 コンテナガーデンの教科書」(2009年/発行:ベネッセコーポレーション、編集:ビズ出版)
  • 「別冊家庭画報 英国庭園を広めたパイオニア ケイ山田の美しい庭づくり」(2010年/発行:世界文化社)
  • 「ケイ山田のバラクラ イングリッシュ ガーデン 四季の花図鑑 ーおすすめのガーデンプランツ445ー」(2012年3月30日/発行:主婦の友社)
  • 「ケイ山田のオールドローズあふれる庭づくり」(2014年/発行:集英社)

…他多数

デザイン監修

  • 「熊山英国庭園」(岡山県赤磐市 2000年オープン)
  • 「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」(滋賀県大津市 2002年オープン)
  • 「松阪農業公園ベルファーム」(三重県松阪市 2004年オープン)
  • 「中野市lala公園(中央広場公園)」(長野県中野市 2006年オープン)
  • 「みつけイングリッシュガーデン」(新潟県見附市 2009年オープン)
  • 「中野市一本木公園 イングリッシュガーデン」(長野県中野市 2011年オープン)

 このページのトップに戻る

ケイ山田 著書・連載のご紹介

「ケイ山田のオールドローズあふれる庭づくり」

ケイ山田のオールドローズあふれる庭づくり

オールドローズの魅力が満載です。バラを育てる実践編ヒントや、四季を通じてのバラの姿など、ケイ山田が、バラクラ イングリッシュ ガーデンの庭に咲くオールドローズを庭園にいる感覚でご案内している一冊です。

  • 発行:集英社
  • 初版:2014年3月5日
  • 税込価格:¥2,160

ケイ山田のバラクラ イングリッシュ ガーデン 四季の花図鑑

ケイ山田のバラクラ イングリッシュ ガーデン四季の花図鑑

日本初の本格的英国庭園である蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデンで、英国園芸のパイオニアで、オーナーのケイ山田がこよなく愛し、植裁している植物たちを美しい景色とともに紹介。優れた新品種も含まれているすべての植物について、ケイ山田自らが、育て方やほかの植物との組み合わせのヒントを解説。ベランダや小さな庭でも取り入れられるアイディアが満載。

  • 発行:主婦の友社
  • 初版:2012年3月30日
  • 税込価格:¥1,470

別冊家庭画報 – 英国庭園を広めたパイオニア ケイ山田の美しい庭づくり

別冊家庭画報 英国庭園を広めたパイオニア ケイ山田の美しい庭づくり

20年かけて築きあげてきた蓼科バラクラの庭を舞台に、庭づくりの秘訣を美しい写真とともにケイ山田が総合監修した本が発売となります。英国式庭園のパイオニア、ケイ山田が日本に根付かせた英国の庭園デザインやライフスタイルを紹介しています。

  • 発行:世界文化社
  • 初版:2010年3月1日
  • 税込価格:¥2,100

ケイ山田 コンテナガーデンの教科書

ケイ山田 コンテナガーデンの教科書

蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデンの20年が育んだ、華やかなスタイルのコンテナガーデン約60鉢を一挙公開!土づくり、鉢選びはもちろん、植物の新知識も身に付く実用書。
カラフルコンテナ、大胆ハンギング、植物をギュッと詰め込む技など、新技術を網羅。

  • 発行:ベネッセコーポレーション
  • 初版:2009年4月20日
  • 編集:ビズ出版
  • 税込価格:¥1,580

庭に生きる イングリッシュガーデンに魅せられて

庭に生きる イングリッシュガーデンに魅せられて

なぜこんなにもイングリッシュガーデンに心惹かれてしまうのだろう?
人と自然が共生する、美しいやすらぎの空間—日本にはじめてイングリッシュガーデンを紹介したケイ山田による初のフォト・エッセイ。

  • 発行:アシェット婦人画報社
  • 初版:2007年5月15日
  • 税込価格:¥1,575 

精霊と出逢う庭 The Garden with Fairies

精霊と出逢う庭 The Garden with Fairies

「蓼科」というサンクチュアリーから贈る至福の96ページ。花々の美しい瞬間、想いを込めた情景、ふだんは見られないシーン。ケイ山田自らがカメラに収めた初めての写真集。

  • 発行:信濃毎日新聞社
  • 初版:2004年3月30日
  • 税込価格:¥1,470

ケイ山田のイングリッシュガーデン 庭はもう一つの部屋

img

時をかけて育んできた日本初の本格的イングリッシュガーデンに学ぶ、わが家でも楽しめる庭づくりのアイデアの数々。ガーデンデザイナーのケイ山田が、その魅力と楽しさを、美しい写真やイラストなどで紹介する。
英国庭園や英国式ガーデニングの入門本としての大ロングセラー。

  • 発行:NHK出版
  • 初版:2002年10月30日(現在第8刷)
  • 税込価格:¥1,680

テーマ別・ガ−デニングのすすめ イギリス発:週末は庭師になろう

テ−マ別・ガ−デニングのすすめ イギリス発:週末は庭師になろう

本場イギリスの人気園芸家が、それぞれの環境や条件に応じた美しい庭づくりのプランと手順を指導するベストセラー。詳細なイラストと写真をたっぷり使い、愛好家はもとより専門家にも多数のアイデアを提供。

  • 発行:淡交社
  • 初版:1999年4月
  • 著者:スザンナ・ロングリ−
  • 監修:ケイ山田
  • 税込価格:¥3,780

英国流 バラのある暮し

英国流 バラのある暮し

バラの国イギリスで実際に行われている一年中バラを楽しめる40以上のアイデアを美しいカラー写真で紹介。
手芸、料理、アロマテラピー、そして優雅なアレンジメントまで幅広い利用法を満載。

  • 発行:メディアファクトリー
  • 著者:ジリー ラブ
  • 翻訳:ケイ山田、ミシェル ギャレット

英国ガーデンのバラに恋して

英国ガーデンのバラに恋して

蓼科に本格的英国式庭園をオープンさせたケイ山田が、英国ガーデンの伝統とオールドローズへの想いを綴る。四季の変化や咲き誇る花々やアートの世界を紹介し、園芸ブームの今、求められる原点を示す。

  • 発行:集英社(LEEリビング)
  • 初版:1996年10月1日

英国式ガーデンライフ

英国式ガーデンライフ

英国の庭に咲く花々のやさしさと風情、なんともいえない心地よい空間。英国式庭園の四季を美しいカラー写真で紹介し、ガーデンを造るプランニングの方法や維持していくテクニックなどを丁寧に解説。

  • 発行:主婦の友社
  • 初版:1996年4月1日

ケイ山田のイングリッシュガーデンブック

ケイ山田のイングリッシュガーデンブック

「長野県茅野市にあるバラクラ イングリッシュ ガーデンは、夏に涼を求めて旅行する人たちには有名になっている。毎年ここを訪れ、感心することは、雑木のあった土地を拓き、英国で最も有名な造園家に設計を頼まれ、英国から多くの花木と宿根草、それにオールドローズの品種などを入れて、内容を本物にしていることである。海抜1000メートルの土地だからこそ、それが可能である。さらに、経営なさる山田さん一家が、たえず園内の植物の生育を助けてこられた。英国で花の観察を深め、蓼科で経験を重ねられたケイ山田さんが、これらの土台に御自身のデザイン感覚を加え、新しい「花と緑」をまとめた本を出版されることになった。心から推薦する次第である。」塚本洋太郎先生(京都大学名誉教授)

  • 発行:講談社
  • 初版:1996年3月28日

 このページのトップに戻る