英国のわらべ歌と涼やかなガーデン

夏の草花、グリーンが涼やかな蓼科よりお庭の様子をご紹介いたします。

こちらはヘッドガーデナーのアンディおすすめ、『グラベル・ガーデン』の景色です。
ライムグリーンのゴールデンアカシアが骨格となり、
銅葉のアメリカハナズオウ、ピンクのフロックスなどが綺麗な景観をつくりだしています。
フォーカルポイントのチェアもアクセントになっています。

IMG_2279.jpg
こちらはところかわって、『メドウ・ガーデン』。
彩りはいたってシンプルに。人工物のパビリオンを囲う樹々と青空が清々しく、
白いレースフラワーが風に吹かれている様は見ているだけで涼しさを感じます。
IMG_2261.JPG
庭園奥の『ボトム・ボーダー・ガーデン』は歩いていて非常に楽しくなる景色を演出しています。
グリーンが美しいこの季節、背丈の高いモナルダやユリに対して、ボトム(下部)を彩るインパチェンス。
上の写真とは対象的に色彩が鮮やかな散策ポイントです。
IMG_2262.JPG
こちらは『ウォーター・ガーデン』の脇で主張している大きな葉をご紹介。グンネラです。
人の大きさと比べると葉の大きさがよくわかります。大きなものは葉だけで2mにもなります。
IMG_2266.JPG
葉といえば、ギボウシ(英名ホスタ)。葉の美しさもさることながら、
デイリリーと呼ばれる花も美しく見頃です。
IMG_2263.jpg
可愛らしいカエルもピョコと。苦手な方、申し訳ありません・・・。
IMG_2265.jpg
グリーンばかりご紹介しておりますが、もちろんお花も。秋の主役、ダリアが早くもお目見えです。
IMG_2259.jpg
ダリアは庭園内の各所でこれから随時ご覧頂けます。まだつぼみが多いですが、その様も可愛らしいです。
IMG_2260.jpg
青空に映えるブッドレア。芳香が蝶を誘うことからバタフライブッシュ別名も。
バタフライ(蝶)はきてるかなぁ?
IMG_2273.JPG
・・・いました、蝶ではなく、マルハナバチが・・・。
蝶ではなかったですが、ふわふわして可愛らしい姿です。こちらから手を出さない限り、
まず刺しませんからご安心ください。
IMG_2278.jpg
まだまだ沢山庭園内の様子をご紹介したいのですが、続きはぜひ、庭園で自らご体感ください。
なお、明日からは英国のわらべ歌のイベント、ガーデンセンターではバラクラ代表で
オールドローズ研究家の山田裕人によるバラのアドバイスも楽しめます。
どちらもご来園いただければ無料でご参加頂けます。
さらに、各ショップでは夏のセール、この期間だけのショッピングも同時に楽しめる
蓼科高原バラクライングリッシュガーデン。
皆様のご来園お待ちしております。
ガーデンセンター
伊坪

こちらの記事もオススメ