6月19日のガーデン

P1030895.JPG

本日は昼過ぎから雨模様・・・のイングリッシュガーデン。

雨の中少しお庭に出てみると、どこからか優しい歌声が。

ケルティックハープを弾きながら歌を披露してくれる、

イギリスからのお客様、ジョアンナ・タグニーさん。

思わずうっとりと聴き入ってしまいます。

雨の中、しっとりと楽しんで欲しい、ガーデンの様子はこちら。

  

P1030871.JPG

P1030865.JPG
P1030866.JPG

P1030869.JPG
P1030868.JPG

P1030870.JPG

バラクラのシンボルツリー、黄金アカシアそばの21世紀ドーム付近では、

数種類のバラと、アリウムなどのお花が見ごろを迎えています。

 

 P1030872.JPG

P1030873.JPG
P1030874.JPG

P1030875.JPG

エントランス方向から見た21世紀ドーム。キフツゲートが咲き始めました。

 

 
P1030876.JPG

P1030877.JPG
P1030878.JPG

P1030879.JPG
P1030880.JPG

 

P1030881.JPG
P1030882.JPG
P1030883.JPG

P1030884.JPG
P1030886.JPG

P1030885.JPG

アリスガーデンでは、華やかなお花がいっぱい。

チェシャ猫が木の上から見ています。

 

 
P1030889.JPG

P1030915.JPG

 

P1030901.JPG

P1030900.JPG

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクのバラのトンネル。

トンネルの中からも開花した花が顔をのぞかせています。

 

 
P1030904.JPG

P1030906.JPG

P1030907.JPG
P1030908.JPG


P1030909.JPG

足元のお花からふと見上げると、赤い実が生っていました。

 

 今日は少し肌寒かった、イングリッシュガーデン。

できれば一枚、羽織れるものを用意していらしてください。

また、雨の日のご来園の後は、ミルクたっぷりの

アフターヌーンティーがおススメです。

ガーデンを見下ろすテラス席で、英国の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

バラクラフロント H

 

こちらの記事もオススメ