3月23日のガーデン

まだ肌寒いバラクライングリッシュガーデン。

3月の前半は暖かかったものの、ここで積雪があったり、冷たい風が強く吹いたりと、

春の訪れは一進一退のようです。

少しほころんだ花の芽も凍えて小さくなってしまう中、この寒さでも元気な花もあります。

ひと冬越して、群生したクリスマスローズです(写真上)

他にも、寒さの中、小さいですが鮮やかな色のお花を見ることができます。

ミニアイリス。薄いブルーのグラデーションに、アクセントカラーのレモンイエロー。10㎝にも満たないお花ですが、見れば見るほどウットリしてしまいます。

スノーフレーク。大きさからスノードロップと間違いやすいですが、一枚一枚の花びらの先にある、黄色い斑点が特徴です。

キバナセツブンソウの黄色も鮮やかです。

まだ数は多くないですが、そこここに顔を出す、小さな春の花たち。

ここ数日が寒かった分、暖かくなったら一気に開花しそうな予感です。

花たちと一緒に、春の訪れを待ちたいと思います。

バラクラフロント H

 

こちらの記事もオススメ