6月30日のガーデン

日差しが和らぎ、過ごしやすかった、曇り空の本日のガーデン。

ゆっくりとガーデンを楽しむことができたのではないでしょうか。

さて、本日のブログでは、昼すぎに撮影した写真と、少し陽が傾いた、5時30分のガーデンの写真を掲載いたします。

昼間はカッコウが鳴いてましたが、夕方はお庭に出ると、「ホーホケキョ」と、ウグイスの声が聞こえてきました。

ウグイスの声には驚きましたが、時間帯によっても、聞こえてくる鳥の声も違います。ぜひ周りの音も含めてお庭を楽しんでみてください。

さて、まずはカッコウの声が清々しい、昼すぎのガーデンの様子。

P1040523.JPG

奥のつるバラは【ブラッシュ・ランブラー】手前のバラは、【ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ】と【ミセス・ヤマダ】

P1040532.JPG

この庭で発見された品種【ミセス・ヤマダ】。

P1040497.JPG

P1040519.JPG

【ロサ・ムリガーニアイ】

P1040526.JPG

【エンプレス・ジョゼフィーヌ】

P1040521.JPG

P1040549.JPG

 

では、ここからウグイスの鳴く夕方の写真

P1040553.JPG

【ジスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド】

P1040556.JPG

【ロング・ジョン・シルバー】

P1040558.JPG

【コンスタンス・スプライ】

P1040563.JPG

【フランシス・E・レスター】

P1040566.JPG

アリスガーデンにて、【サー・ポール・スミス】

P1040570.JPG

【ピンク・グルーテンドースト】

P1040574.JPG

レースガーデンの【ランブリング・レクター】はそろそろ終わってきます。この付近では、【アナベル】が咲く準備を始め、開花の時期を今か今かと待っております。

P1040582.JPG

P1040589.JPG

黄色いお花は【エレムルス】。英名をフォックステールリリーといい、きつねのしっぽのように見える所が名前の由来です。また、ダリアやユリも咲き、バラの咲くガーデンに更なる彩りを与えてくれてます。

日本初の本格的イングリッシュガーデン、バラクライングリッシュガーデン。

耳をすませてガーデンを歩くのも楽しいかもしれません。そして、オールドローズの香る、お庭の空気を胸いっぱいに吸い込んでみてください。

バラクラフロント H 

こちらの記事もオススメ