5月19日のガーデン

今日も晴天の蓼科です。

 

ようやく開花が始まった藤ですが、こちらは入園口階段横のピンクのお花です。

まだまだ咲き始めです。

 

そしてそのすぐ近くにあるバラクラのシンボルツリー「黄金アカシア」は、やっと葉を広げ始めました。

今年はなかなか葉が出てこないので心配しましたが、これでまた爽やかな木陰を作ってくれそうです。

6月には藤に似た花が咲きますので、またご紹介致します。

 

アリウムの開花状況を見に行ったら、後ろの煉瓦塀でクレマチスが咲き始めていました。

園内にはほかにも何種類かクレマチスが植栽されていますが、日当たりや温度の加減か、板塀やこの煉瓦塀のものが毎年開花が早いです。

 

チューリップは芝生広場のボーダーガーデンのエリアでは終わりつつありますが、品種や場所によってはちょうど今が見頃のものも。

青紫のカマシアもだいぶ開花が進んできました。

 

ボーダーガーデンではチューリップに代わってスパニッシュブルーベルが開花中。

 

イングリッシュブルーベルも開花が始まっています。

上の画像のスパニッシュブルーベルと、花の形やつき方がちょっと違うのがおわかりになるでしょうか。

 

今日はハレーシアが青空に映えてとてもきれいでした。

 

セイヨウシャクナゲも何色か開花が始まっています。

 

日々少しずつ様子が変わっていくガーデン。多種類の組み合わせを楽しんで頂けます。

どうぞカメラを持ってお越しください。

こちらの記事もオススメ