6月28日のガーデン

クラシックローズウィークスが始まり、1週間余り。

お天気にも恵まれ、汗ばむような陽気の6月28日

本日は遠く九州からも、バスで団体様にお越しいただきました。

「いつか来たいと思っていたので、夢が叶いました」と、

おっしゃっていただき、こちらも真摯な気持ちになることができました。

さて、ガーデンでは、いよいよ見頃を迎えたつるバラと、オールドローズの数々が

お客様を歓迎しています。

本日は、大きな花弁が特長の、【アルバーティン】に注目します。

P1040482.JPG

P1040480.JPG

ハーブガーデン中央付近に咲く【アルバーティン】。

煉瓦の壁に這うように枝を拡げています。古くからある品種のつるバラで、八重咲き。

ピンク色に少しゴールドがかる花弁がつややかです。

P1040479.JPG

P1040477.JPG

ちなみに、バラクラでは、同名のオリジナルケーキを販売しております。

P1040386.JPG

ホール時に上から見ると、バラの花弁のような姿が目を惹きます。

洋ナシを使った口当たりの軽いケーキで、紅茶にもよく合います。

1カット520円で、フードコートではおみやげとして、

バラクラカフェでは、午後のティータイムの名脇役として活躍しております。

お越しの際は、是非お召し上がりください。

 

さて、そのほかのお花の様子も見てみましょう。

P1040442.JPG

P1040445.JPG

抜けるような青空に、小さな白い花弁の【キフツゲート】が皆様をお出迎え。

P1040440.JPG

【ブラッシュ・ノアゼット】

P1040433.JPG

P1040451.JPG

【ロズレー・ドゥ・ライ】

P1040458.JPG

【マクランサ・ローブリッター】

P1040463.JPG

木の丈およそ20センチ。【ザ・フェアリー】

P1040474.JPG

【トスカニー・スパーブ】

P1040469.JPG

P1040492.JPG

【エンプレス・ジョゼフィーヌ】

P1040487.JPG

【ロサ・ムリガーニアイ】

P1040494.JPG

【アルケミスト】

P1040485.JPG

P1040486.JPG

バラのトンネルは小さなバラがいっぱい

 

バラ以外でも

P1040438.JPG

P1040454.JPG

P1040460.JPG

P1040468.JPG

P1040484.JPG

 

今のガーデンはつるバラを中心に、他のお花も元気に咲き誇っています。

数多くの植物がガーデンを彩る、バラクライングリッシュガーデン。

と、ここで、フロントHのおススメのバラクラの楽しみ方を紹介。

①バラと植物を楽しみながらガーデンを散歩。(ガーデンツアーのタイミングが合えば、ベスト)

②好きな場所で写真を撮る。(できれば自分も入った写真を)

③歩き疲れたら、テラスでスコーンと紅茶をたしなむ。

④ガーデンを一望し、しばし、イギリスに思いをはせる。

⑤おみやげを物色。

と、こんなところでしょうか。

皆様も思い思いの楽しみ方を見つけてみてください。

バラクラフロント H

 

 

こちらの記事もオススメ