5月19日のガーデン

久しぶりに青空を見た気がして、お庭に出てみると漆黒のクイーンオブナイトが木漏れ日に輝いていました。

 

 

八重桜は今週末くらいまででしょうか。ずいぶん楽しませてくれました。

 

 

ハレシアのほんのりピンク色の花は、青空によく映えます。

 

 

アリウムのつぼみはガーデンのそこかしこに。今にも開きそうです。

 

 

アリスガーデンと隣のレースガーデンは今色とりどりの花たちが咲き競っています。

 

レースガーデンに落ちる影も、バラの葉が茂ってレース模様になってきました。

 

レースガーデンに植えている藤はもちろん白色です。近くを通るととてもいい香りがします。

 

 

青紫色のカマシアはこれからがシーズン。園内各所に群生していますので、開花すると爽やかな色で楽しませてくれます。

 

ネクタースコーダム・シクルム。すっと伸びた茎の先に房のように花をつける姿が目を引きます。

 

枝咲きチューリップ・アントワネットに混ざって咲く、枝咲きの小さな水仙。ケイ先生の遊び心でこちらまでなんだか楽しくなります。

 

入園口階段上、煉瓦塀(階段の裏側)ではピンクの藤が咲き始め。

 

こちらのブログでも何度か写真を上げている八重のチューリップはゴールドダストという品種です。

花期がほかのチューリップより長い印象がありますが、日当たりが影響しているのかもしれません。

 

 

ちょっとだけ番外編です。入園口階段下では、あけびの花が咲いています。これは植栽ではなく自然のもの。

言われてみれば、あけびっぽい色使いのお花ですね。最近見かけなくなったので、知らない方も多いかもしれません。

 

ガーデンでは、このほかクレマチスやイングリッシュブルーベルなども咲き始めていますので、

また改めてご紹介いたします。

こちらの記事もオススメ